twitter facebook お問い合わせ
ほっとけNIGHT
毎週火曜日22:35頃〜
松嶋康介
04/25 松嶋康介さん
多くの方に会話を通して心に希望や喜び笑顔、幸せを届ける事
ありはらまゆみ
05/02 ありはらまゆみさん
児童養護施設のこどもたちのためにNPO法人を作ることが夢
志波広輔
05/09 志波広輔さん
患者さんに寄り添う医療
大川由美
05/16 大川由美さん
誰かを癒す仕事をしたい
加藤昌人
05/23 加藤昌人さん
一緒に働いている社員を幸せにできるだけの経営力を持つ
山志多涼子
05/30 山志多涼子さん
みんなをゆるませることが夢
Foryoursmile
水曜日19:00~
FMラヂオつくばで翌週月曜日19:30〜OA
絵本作家のぶみ
04/26 絵本作家のぶみさん
のぶみさん4 
種市勝覺
05/03 種市勝覺さん
種市勝覺さん第1回 
種市勝覺
05/10 種市勝覺さん
第2回は実際の風水に基づいたお家を大公開です!
種市勝覺
05/17 種市勝覺さん
種市勝覺さん3回目
種市勝覺
05/24 種市勝覺さん
第4回
ドリプラジオ金沢
金曜日23:00〜23:39
吉野さなえ
06/13 吉野さなえさん
「目の前の方を笑顔に」をポリシーにしています
白潟美栄子
01/23 白潟美栄子さん
ひかり詠み人
庄田弓子
03/13 庄田弓子さん
元気ステーションパトラ代表
  • 会員制WEB講座
  • たっちゃんFacebook
  • アメブロ
イベント応援コーナー
ロックバンドおかんライブ&荒川祐二トークライブ
6月3日(土)12:45~16:00(開場12:00)
ロックバンドおかんライブ&荒川祐二トークライブ
苦手な人でも無理なく取り組める事業計画入門
平成29年6月9日(金)午後6時30分〜午後8時30分(午後6時00分受付開始)
苦手な人でも無理なく取り組める事業計画入門
夢の創業実現の最短コース ゼロから応用までを体系的に身に着けられます
6月24日(土) 13:30〜17:30〜 全6回
夢の創業実現の最短コース ゼロから応用までを体系的に身に着けられます

松嶋康介(まつしまこうすけ)

松嶋康介

 神奈川県在住。
2016年夏頃より、プライベート、仕事問わず『心が暖かくなる処方箋』を届ける事を自分の夢・使命にして、コーチングやカウンセリング含め様々な活動をしている。

17歳で難病を発症し、誤診が約一年間続いた際「1つの言葉」との出会いにより、命が救われる。また、難病の診断で絶望した時も「1つの考え」との出会いにより、生きる希望を頂くという経験あり。

その事がきっかけとなり、言葉のチカラの偉大さに気付く。そして心豊かに生きていくための理論や知恵、技術を幅広く学ぶようになる。現在も難病を有し、身体的な制限はあるが、毎日本当に幸せな生活ができている。

結果、人は心から求めているメッセージに出会う事で「生きるヒントが見つかる・絶望が生きる希望につながる・命を救われる」等の効果があると確信して、『心が暖かくなる処方箋』を届けるようになる。

依頼があれば、心理学や脳科学、教育学、カウンセリング、コーチング等で学んだ知識を基に『心の希望や喜び、笑顔、感謝、やる気、幸せ、前向き、ワクワク等』をテーマにしたワークショップやセミナーも行っている。

2017年より『名言短歌(5-7-5-7-7)』という媒体も開始し、4月より『ポストカード』の開発や、『名言短歌セッション』等の活動も開始。結果、交流会や懇親会で出会えた方や友人や知人など、より多くの方へ『心が暖かくなる処方箋』を届けられるようになる。

短歌テーマは
『幸せ・感謝・前向き…』『笑顔・わくわく・やる気・自信…』『夢・目標・課題・希望…』
『成長・学び・知恵…』『人間関係・コミュニケーション…』など等

短歌例:辛い感情を楽にするヒントが欲しいという方に
・悲しみで 優しくなれる 苦しみで 心は育つ いつも成長!
・難有るは 見方変えると 有り難う!味方にできて 御方にもなる?
・「ありがとう」 言葉にすると その理由 脳が探して にっこりできる!
等の短歌をエピソードや理論を交えて紹介している

名言短歌は1000首程(ポストカードは約200首)で今後も増え続ける予定。裏に短歌の補足説明を記載しているものや、複数の短歌を組み合わせた物語短歌等もある。お客様の夢や課題に合わせて、オンリーワンのオリジナル短歌も作成可。

リンクやアドレスはもし『心が暖かくなる処方箋』が欲しいという方は
「nikkolineline@gmail.com」まで連絡頂ければと思います。
また、。

松嶋康介さんの放送

Youtubeへ
2017年04月25日放送
多くの方に会話を通して心に希望や喜び笑顔、幸せを届ける事
ニックネームはにっこりん。
実は錐体機能低下症という難病を抱えているにっこりん。
17歳の時に発症したそう。
名言を届けようとしたきっかけは?
「治療の長引く症状はホルモン病を疑え」という本に出逢ったのがきっかけ。本当に誤診が長引いて苦しい時にその本に出逢って違う病院にたどり着き命が救われた。
ひとつの言葉で命を救われたり、生きる希望を持てたり…
幅広く浅く生きていくための技術や知恵を学んだ。今度はそれを人に伝えたいし、自分にしか出来ない事だと思う。

多くの方に会話を通して心に希望や喜び笑顔、幸せを届ける事

copyright © drepradio.net Co.,Ltd. All Rights Reserved.